• 任意整理は債務整理の中でも返済を続ける手続きです

    • 債務整理の手続きの中で、最も注目されているものとして任意整理があります。



      任意整理では自己破産とは違って裁判所をはじめとする公的機関を経由することなく、弁護士などに債務整理の依頼を行って債権者と交渉を行う手続きになります。



      任意整理では利息を減らしてもらうことや、毎月の支払金額の減免、負債そのものを圧縮してもらうことなどが期待できます。

      任意整理の手続きは、公的機関を使わないものとなりますので、当事者同士の示談と同じような形になります。


      個人の力でも手続きを行うことは不可能とは言えませんが、借り入れを行っている相手方はサラ金や貸金業者などが多くなりますので、債務者個人の力によって話し合いをすることは困難であると考えられます。弁護士などの専門家に依頼をしておけば、法的な知識を使って最適な交渉をしてもらえますので、質の高い成果を得ることができます。



      債務整理は借金そのものを免除してもらう手続きではありませんので、原則的に3年間ほどの期間で完済を行うことを約束します。



      返済を行う借金額が確定したときには、返済計画を立てて債務者は借金の返済を行うことになります。



      和解交渉によって確定した借金額の返済を3年間で行えないときには、自己破産などの別の債務整理を選択する必要があります。



      自己破産であれば債務者の収入や資産が少ないために、返済能力がないことが裁判所に認められたときに成立しますが、任意整理は返済を行うことが前提の手続きですので、債務者自身が一定の安定的な収入を得ていることが手続きを成立させる条件になります。

  • 関連リンク

    • 任意整理は債務整理の中でも返済を続ける手続きです

      債務整理の手続きの中で、最も注目されているものとして任意整理があります。任意整理では自己破産とは違って裁判所をはじめとする公的機関を経由することなく、弁護士などに債務整理の依頼を行って債権者と交渉を行う手続きになります。...

    • 債務整理で自己破産をするときに処分する財産について

      借金の返済ができないときには、債務整理の中で自己破産を選択したい人も多いと思います。自己破産を行うときには家具などの生活を送っていくための、生活必需品については処分しなくても良いですが、価値が20万円を超える高額なものに関しては免責してもらうことはできず、処分を行うことになります。...